群馬の文化財TOP
TOP > 藤岡市 > 七輿山古墳


七輿山古墳(追加指定)(ななこしやまこふん)
築造年代 6世紀後半
指定日 国指定文化財
昭和02.06.14
平成08.09.26
種類 前方後円墳
大きさ 全長145m
後円部径87m
前方部幅106m
高さ16m
埋葬部 横穴式石室と推定されている
住所 藤岡市上落合甲831
その他 墳丘は芝で覆われ、松、桜、カシなどの樹木が若干ある。
古墳の埋葬施設は不明であるが、出土遺物から築造時期は6世紀前半に推定され、6世紀代の古墳としては東日本最大級の前方後円墳である。

後円部後方東側が削除され、延享3年(1746)銘の6地蔵、文化5年(1809)銘の宝筐印塔、釈迦三尊、五百羅漢像が並んでいる。五百羅漢については明治年間にはすでにすべての頭部を欠いていたといわれる。

※宝筐印塔(ほうきょういんとう)とは、「宝篋印陀羅尼経」という経典に基づく供養塔で、平安時代頃から造立されるようになったとされている。
現地の
案内板
古墳は、鏑川と鮎川に形成された舌状の河岸段丘に造られた三段築成の前方後円墳である。大きさは全長145m、後円部径87m、前方部幅106m、前方部と後円部の高さは16mを計る。4回にわたる確認調査の結果、中提帯や外提帯と呼ばれる土手状の堤を境に内側と外側に周溝が巡り、三重目の溝、葺石、埴輪列が確認された。なお円筒埴輪列は中堤の平坦面に2列、三重目の溝は前方部全面からコの字状に検出されている。出土遺物は円筒埴輪・朝顔形埴輪・人物・馬・盾などがある。特に、円筒埴輪は径40cm、高さ1mを越す7条突帯の大型品で、貼付口縁と低位置突帯の特徴がある。古墳の埋蔵施設は不明であるが、出土遺物から築造時期は6世紀前半に推定され、6世紀代の古墳としては東日本最大級の前方後円墳である。
藤岡市教育委員会
藤岡市ホームページ(外部サイト)

藤岡市のホームページ。「文化・観光・スポーツ」の「ふじおか観光」→「七興山古墳」をクリックすると、七興山古墳の情報へジャンプできます。
七輿山古墳七輿の門
1.七輿の門
七輿山古墳全景
2.全景

3.墳丘上
七輿山古墳木
3.木
七輿山古墳碑
4 .碑

群馬の文化財トップ藤岡市トップ


copyright © 2007 群馬の文化財 all rights reserved.
inserted by FC2 system